ドル円はどこで下げ止まるのか!?戻り売りを狙うポイントを考察

ドル円はダウントレンド継続中です。

一気に下げるトレンドではなく
こういうジワジワ下がるトレンドは、底値が非常に読みにくく
安易に逆張りをしてしまうと、痛い目に合ってしまうトレンドかと思います。

現状トレンドに乗れていない人は、置いて行かれることは覚悟して
大きな流れに逆らわず、しっかりと戻り売りを狙えるポイントまで待つ方が賢明です。

さて、そんなドル円のチャートを見ていきましょう。

ドル円 日足

少し前の記事
ドル円はヘッドアンドショルダーのような形に、上値ダウントレンドラインもブレイクできず。

でもお伝えしていましたが
ドル円は長期のダウントレンドラインを上抜けできず
その後はヘッドアンドショルダーが形成されてしまい
明確にネックラインを割り込んできてしまいました。

  • ダウントレンドラインで反発
  • ヘッドアンドショルダー形成
  • その後ネックライン割れ

3拍子揃って下げ方向へのサインがでているので
ここは素直に戻り売りのポイントを探っていきましょう。

ドル円 4時間足

教科書通りのポイントであれば、緑〇のポイントになります。

  • 安値割れのレジスタンス化する可能性のあるポイント
  • ネックラインのレジスタンスポイント

ひとつめの戻り売りポイントは
上のネックライン付近まで突き抜ける可能性はありますが
チャートが反発しかかったら売ってもいいポイントだと思います。

反面ネックライン付近までレートが戻った場合
かなり絶好の売りポイントになるので
ローソク足が形成されていくチャートの動きを注視していたほうがいいと思います。

ただチャートの形というのは、キレイに形成されるほうが少ないです。

今回のヘッドアンドショルダーもそうですが、少しいびつな形になっています。

売りポイントのレジスタンス付近に近づいたときに
チャートはどういう形を形成したら下げやすいのか?

を経験していって慣れるしかありません。

基本はこちらの記事に書いてある
※テクニカル的にトレンドが発生する瞬間

の考え方でいいのですが、これを踏まえつつ
自分の中で経験値を貯めることの方が重要になってきます。

よければポチお願いしますm(__)m
   


 

  ● 最大レバレッジ888倍

  ● 追証が発生しないゼロカットシステム

  ● トレード毎に貯まるキャッシュバックポイント

  ● 総額50万円の入金ボーナス

 


人生を変える選択肢のひとつに、海外FXのXM

https://www.xmtrading.com/jp/

コメントを残す