ドル円はヘッドアンドショルダーのような形に、上値ダウントレンドラインもブレイクできず。

ここ最近何度も上値ダウントレンドラインのブレイクを試したドル円ですが
ついに抜けきれず反落してきてしまいました。

キッカケは日銀のステルステーパリング観測とかなんとか言われています。

しかしそんな予測できないニュースより
テクニカル的にはいつ反落してもおかしくないチャートでしたので
改めてファンダメンタルより、テクニカル重視でトレードしたほうが
利益を得られるなぁと思った今日この頃です。

さてチャートのほうを見ていきましょう。

ドル円 日足

いまだに上値トレンドラインを抜けきれず反落してしまいました。

 

また、先月上げた記事にも書いたのですが
※先月の記事はコチラ
ドル円はブレイクアウトの予兆か!?チャートがイヤな形になりそうです。

ドル円 日足

ドル円のチャートがとうとうヘッドアンドショルダーの形になってきてしまいました。

直近110.80付近の安値を割り込まず
再度上昇して、上値ダウントレンドラインのブレイクを試しにいく可能性もありますが
長期のダウントレンドラインで跳ね返った結果
ヘッドアンドショルダーがでてしまったので
チャートの形を見る限り、再度上値ブレイクを試しいく展開は難しそうです。

ただし、相場に絶対はありません。

ここからグングン上昇してダウントレンドラインをブレイクする可能性だってあります。

ただひとつ言えることは

現状高値で買いポジションを持っている人は
直近安値の110.80付近を割れたら素直に損切したほうがよさそうです。

よければポチお願いしますm(__)m
   



コメントを残す