ドル円はブレイクアウトの予兆か!?チャートがイヤな形になりそうです。

ブログランキング参加中です。
よければ1日1回ポチお願いしますm(__)m

 


現在長期的なレンジ相場を形成中のドル円ですが
来年にはどちらかにブレイクすると思います。

どちらにブレイクするのかは現段階ではわかりませんが
ドル円のチャートが少しイヤな形になりそうなのでお伝えいたします。

ドル円 日足

114.40付近~107.40付近でレンジ相場を形成中のドル円です。

どうでしょうか
チャートが少しイヤな形になりそうなのですが、わかりますでしょうか

あくまでも、なりそうというだけでそうなるというワケではありません。

しかしトレーダーである以上、ある程度未来の相場を想定しておかなければなりません。

私が想定する未来のチャートはこちらです。

レンジ上限で反発し、ヘッドが形成され
ショルダー部分で直近のチャートが反発しています。

ヘッドアンドショルダーが形成されそうなのです。

ヘッドアンドショルダーは主に相場の底値圏や高値圏で現れやすく
そこが起点となり、トレンドが転換し長期的なトレンドが発生するパターンが多くあります。

あくまでも想定ですが、現段階でヘッドアンドショルダーが形成されそうなのです。

11/27の110.70付近の安値をレートが終値で割れてきたら、ネックラインが形成され
ヘッドアンドショルダーの完成です。

完成されたからといってレンジ下限をブレイクアウトし
ダウントレンドが発生するというワケではありません。

しかし、ヘッドアンドショルダーが完成したら、その可能性は大いにあるのです。

このチャートの形に気付き、ヘッドアンドショルダーを想定した相場参加者の中には
ショルダー部分の113円付近で売りを入れてる参加者も多いと思います。

レンジ下限ブレイクしたら100円付近まで一気に走る可能性もありますので
その辺を利食い目標にしてる人も多いと思います。

こういったチャートのわずかな可能性を、前もって想定できるようになれば
トレーダーとしてかなり有利になってきます。

 


コメントを残す