ユーロドルは尚も上昇!投機筋のユーロロングはいつ解消されるのか!?

ブログランキング参加中です。
よければ1日1回ポチお願いしますm(__)m

 


前回のユーロドルの記事で、レンジ相場入りの展開を想定していました。
※前回の記事はこちら
ユーロドルは上昇一服、短期レンジ相場入り濃厚。

1時間足での下げ基調から一転、強い上昇トレンドが生まれ
ダブルトップの節目を軽々と抜けていってしまいました。

まぁ予想なんてこんなものですね。
未来など誰にもわからないのです。

さて、レンジ相場入りを見越して
少しお遊びトレードしましたのでご紹介します。

ユーロドル 1時間足

なんともまぁしょぼい結果に終わりました。

半分利食いしてプラス2万
残りは1時間足でダウントレンドを形成してくれたので
日足ベースでレンジ下限になりそうな
1.1600付近まで保有していようと思っていましたが
一転上昇で同値撤退となりました。

一応の売りの根拠ですが

日足ベースでダブルトップ気味になり
1時間足でダブルトップ確定で上値の重さを確認。
さらに投機筋IMMユーロロングポジションが12万枚強とかなり膨らんでいたため
ここからの上昇は投機筋のユーロロングポジションが一旦解消されてからでないと
難しいと判断し、売りをいれました。

しかし大局のトレンドは上昇です。
今回みたいな急反発も考えられたため、リスク軽減で途中半分利食いしました。

結果的に半分利食いしておいて、あまりケガせずに済みましたが
このままどんどん下げトレンドが続いた場合、得られる利益が減りますので
その辺は個人の好みのやり方でいいと思います。

 


コメントを残す