ユーロドルは上昇一服、短期レンジ相場入り濃厚。

ブログランキング参加中です。
よければ1日1回ポチお願いしますm(__)m

 


昨年末より上昇を続けていたユーロドルですが
一旦、短期のアップトレンドは終了した模様です。
※ドルストレートの前回の記事はコチラ
ドルストレートはドル安方向へ、来年から本格化しそうなドル安相場。

今後のドルストレートの展開ですが
基本的には、長期上昇トレンド入りしている展開は崩れていません。

しかしユーロドルに関しては
一旦、短期レンジ相場入りしそうな雰囲気です。

ユーロドル 週足 2002~2017

すこし長めの足ですが、週足で見て
ひとつのトレンドの波が終わり、トレンド第2波が形成されるまでの間に
短期のレンジ相場が形成されている箇所がいくつか見受けられます。

その後、トレンドが転換している箇所もいくつかありますが
多くはレンジ相場終了後に
再び第1波と同じ方向のトレンドが形成されて行っています。

現在の一番右の〇でもレンジ相場が形成されそうな可能性も十分考えられます。

ユーロドル 日足

 

ユーロドル 1時間足

日足と1時間足でダブルトップを形成し
上値の重さが際立ちますね。

なぜここでこんなにも上値が重くなるのかというと

ユーロドル 週足

週足ベースで上値のレジスタンス帯を意識している参加者が多くいて
売りを入れているから上値が重くなってしまいます。

下には昨年までに形成したサポート帯がありますし
しばらくはこの間で推移しそうなイメージで見ています。

また、現在のIMMポジション、ユーロロングは差引127.868枚です。

円ショートもそうですが、ユーロロングもかなりポジションが溜まっている状態です。

さすがにこの溜まっているポジションが解消されてこないと
ユーロドルも上昇第2波は形成されづらいと思います。

しばらくレンジ相場が続き、IMMユーロロングポジションが少しづつ解消
されてきたとき、長期の上昇に備えて
買いポジションを仕込む形でも遅くはなさそうです。

 


コメントを残す