メンタルコントロールと資金管理、どっちが大事?





トレードをしていく上で最も重要な項目に
メンタルコントロール資金管理がありますよね。

どちらも等しく重要な項目ですが
メンタルコントロールのほうが大事!と書かれているものがあったり
資金管理のほうが大事です、と書かれているところもあります。

いやいや両方等しく大事です、と書いてあるところもあります。

いや結局どっちなのよ・・・

と、思いたくなりますよね。

そんな疑問に答えていこうと思います。

一番大事なのはメンタルコントロール?資金管理?

結論をいうと

圧倒的にメンタルコントロールの方が大事です。

メンタルコントロールという大きなカテゴリの中に
資金管理とトレードルールなどを守る自己規律が入ってきます。

なぜそう言い切れるのかというと

相場に振り回され、損切の嵐に合っていて
頭にきて、その辺にあるものを投げたくなるような衝動に駆られているときに

あ、また損切になっちゃった、もうこの通貨ペアはしばらく様子見かな。
こっちの通貨ペアはそろそろエントリーポイントに近づいてきたな。
損切までのレートはちょっと広めのこの辺になっちゃうから
今回はポジション枚数はちょっと少なめにしよう。

とか・・・

こんな冷静な対応でポジション枚数調節など、できるはずがないのです。

ああぁ!またかよクソッ!
いい加減下がれよ!ポチッ(いつもの数倍の枚数)

となるのがほとんどだと思います。

ちなみに私ももちろんなってましたよ(笑)
あぁ懐かしき日々。

今では相場に対して怒りの感情をだすのが
どれほどバカらしいことか、というのに気づきましたので
現在は全くもってそういったことはありません。

ただ、今でも相場に振り回されるときはあります。

そんなときは
も~勘弁してよ、ドル円ちゃん
オジサンいい加減泣いちゃうよ

と、気持ち悪いオヤジが気持ち悪い独り言を言って
心をたしなめています。

まぁ・・・
私なりのメンタルコントロール方法のひとつなのでしょう・・・

まとめ

メンタルがブレると、自分のやっていることが
全て滅茶苦茶になる可能性が非常に高まります。

資金管理がどんぶり勘定になり、いつもの数倍のポジションを持ったり
バックテストしまくって、ようやく手に入れた自分だけのルールなのに
感情に任せてルールを破り、よくわからないところでポジションを持ったり
本当に散々な結果になります。

まともな資金管理ができるのはメンタルが正常なときだけです。

 

コメントを残す