急激に減った投機筋IMM円ショートポジション!来週には円ロングへ転換か!?

3月27日時点の投機筋のシカゴIMMポジションが発表されました。

毎週発表されるIMMポジションは
その週の火曜日時点でのポジション状況となります。

リアルタイムではありませんが
投機筋達の動向を知るうえで見ておいた方がいい指標になるので
毎週見ておくクセを付けておいた方がいいと思います。

投機筋IMMポジションの動向

前回の記事
ドル円で投機筋は含み損の可能性が高い、IMMポジションから見える動向

から1カ月たちましたが、投機筋のポジションの偏りがかなり変化してきました。

前回記事の2月27日IMMポジション
  • 円ロング (円買い) 44,539枚
  • 円ショート (円売り) 141,190枚
  • 差引 円ショート   96,651枚
最新3月27日IMMポジション
  • 円ロング (円買い)  56,544枚
  • 円ショート (円売り)  60,212枚
  • 差引 円ショート    3,668枚

ここ1カ月の下落トレンドのドル円相場で
投機筋達は円ショートポジションを約80,000枚
かなりの量を損切している様子が伺えます。

個人的には、投機筋達がここまでわかりやすく損失に合っているのがわかる環境もめずらしいと思います。

というのも、ドル円相場は投機筋達のポジション方向へ流れやすい
という性質があり、投機筋達のポジションが円ショートへ傾いていたのなら
紆余曲折あれど、ドル円レートは上がりやすい環境にあったことは間違いありません。

しかし、下がってくるドル円レートに買い下がる投機筋。

前回記事にも書きましたが
2月に106円台にいたときも投機筋の円ショートポジションは
112円台にいたときとまったく変化がありませんでした。

105円台に入ってからようやく投機筋の円ショートが減り始め
現在円ロングポジションも多少増えて
差引 円ショート 3,668枚 とかなり拮抗しています。

通常、なにか大きなファンダメンタルな変化があれば
投機筋のポジションはわかりやすく変化するのですが
個人的にはそれほど大きなファンダメンタルな変化は感じていません。

なぜこのタイミングで投機筋達は円ショートポジションを切ったのか?

私にはわかりませんし、わかる必要もないと思っています。

ただし、知っておいてほしい事実がひとつ。

ここ数年、ドル円で投機筋のポジションが一旦どちらかへ傾いたら
最低1年はその方向へ傾いたままでした。

前回で言えば
2016年11月22日まで投機筋のポジションは円ロングでした。

アメリカ大統領選でトランプが当選したことにより
市場に大きなファンダメンタルな変化が生まれ
結果、現在まで投機筋は円ショートポジションに傾いています。

そして最新発表のIMM投機筋のポジションは

  • 円ロング (円買い)  56,544枚
  • 円ショート (円売り)  60,212枚
  • 差引 円ショート    3,668枚

とかなり拮抗しています。

この流れだと次回発表の投機筋ポジションは円ロングに傾く恐れがあります。

 

なにが言いたいのかというと

投機筋のポジション方向へ流れやすい性質があるドル円が
円ロングのポジションに傾こうとしている。

そして一旦傾いた投機筋のポジションは最近の傾向だと
1年は傾いたままの可能性が高い

ということです。

つまり投機筋達は、現在106円前後のドル円レートから
売りポジションを大量にとってくる可能性が高い

ということです。

もちろん可能性が高いというだけで絶対に売りを入れてくる
というわけではありません。

未来は誰にもわかりませんから。

しかし、ブログで何回もお伝えしている
想定外を想定内にする

想定外なことが起きて大衆がビックリしている中で
自分は想定内で冷静でいられるならば
それはトレードにおいて、この上ない優位性のひとつなのです。

ブログランキングヘ


コメントを残す