来年2018年の相場の展望

2017年が終わろうとしています。

今年は全体的にボラティリティが少なく
あまり利益を上げられなかった、という人も多かったのではないでしょうか。

今年の主役はなんといっても仮想通貨でしたね。

バブルだとかバブルじゃないとか
ひとまず、長期足であんな強℗昇竜拳並みのチャートは
中々お目にかかれるものではないですね。

暴落するにせよしないにせよ、2018年も注目の仮想通貨になると思います。

 

さて、本題の為替ですが

2017年終盤、市場はかなりの楽観ムードのまま年末を迎えました。

ドル円チャートでいうと、年終盤はちょっと瞬間的に下落すると
すぐさま押し目買いが入りレートが戻していた印象です。

米雇用統計にしろ、悪い数字がでて一旦急落しても
そのまま行ってこいで買い戻しが入りレートが戻っていました。

そして極め付けがNYダウ

全ての取引商品に影響を与えるNYダウですが
現在歴史的高値で高止まりしています。

NYダウ 1999~2017年 週足

 

ビットコインほどではないですが
トレンド終盤に中℗昇竜拳くらいのチャートが現れています。

興味深いのは、リーマンショックで下がった値幅より
2016年の安値からのトランプラリーのトレンドのひとつの波の
値幅のほうが上回っている点です。

トレンドの最終局面では、大勢が一気に群がるためレートが走り
結果的に昇竜拳のようなチャートが出やすくなります。

また、エリオット波動ベースで見ても、現在第5波の形成を終えた可能性が高いです。

何が言いたいのかというと、テクニカル的に見て

かなり危険な値位置に来ている

ということです。

別に不安を煽るつもりはありません。

そんなテクニカルなどおかまいなしに
グングン上昇していく可能性も十分にあります。

しかし

相場の格言
相場は悲観の中に生まれ
懐疑の中で育ち、楽観とともに成熟し
幸福感とともに消えて行く

格言を教訓とするならば、現在は楽観相場であることは否定できません。

4月、黒田総裁任期延長ならず
9月、総裁選で安倍首相退陣
北朝鮮と開戦
ロシアゲート問題でトランプ大統領辞任

パッと思い浮かんだだけでも4つのリスク要因がありました。

そんなのあり得ない?

イギリスのEU離脱も
トランプ大統領誕生も

あり得ないと言われていたなか起こりました。

歴史的に、あり得ないと言われていたことは度々現実になっています。

今私たちは歴史的な局面にいるのかもしれません。

2018年、リーマンショックから10年の年

気を引き締めていきましょう。

ブログランキングへ

 


 

最大レバレッジ888倍

追証が発生しないゼロカットシステム

トレード毎に貯まるXMPキャッシュバックポイント

総額50万円の入金ボーナス

 

コメントを残す