負けてる人が軽視する、スプレッドはコストという意味

スプレッドとは買値売値の差です。

そんなの当然知っている、という人がほとんどだと思います。

日本のFX業者は相対取引となっており、顧客の注文をカバー先(インターバンクなど)
に流すかどうかは業者のさじ加減になります。

カバー先に流さない場合
顧客の勝ちが業者の損失になり、顧客の負けが業者の利益になります。

負け組8~9割と言われるFXでは
常勝トレーダー以外の顧客の注文をすべてカバー先に流さなければ
自動的に業者の利益が積みあがる仕組みになっています。

ですので、手数料ともいえるスプレッドを極狭にしたところで
顧客が自動的に負け続けてくれるので、国内FX業者は儲かるというわけです。

変わって海外FX業者は顧客との取引をNDD方式というものにしており
顧客の注文を全てカバー先に流しています。

したがって、顧客が負けても海外FX業者はなんの利益にもならないため
純粋に手数料名目のスプレッドをメインの収入源としています。

ですので、国内業者よりも海外業者のほうがスプレッドが広めなのです。

 

さて、前置きが長くなりましたが本題です。

日本国内の場合、ドル円のスプレッドは0.5pips前後の業者が多くみられます。

1万通貨でポジションをとれば、ー50円のスプレッドですね。

負けている人の多くは
このスプレッドのコストを甘く見ている人が多い気がします。

というのも、スプレッドが狭くて安いからとエントリーしまくっていませんか?

スキャルピングの場合、1日に10回エントリーするなんていたって普通です。

一か月で換算すると、平日で約22日あります。

10 × 22 = 220(一か月のエントリー回数)

220 × 0.5pips = 110pips(一か月のスプレッドの合計)

上記のエントリースタイルだと
一か月で合計110pipsの手数料という名のスプレッドを支払っていることになります。

この110pipsをペイして、更にプラスのトレードをしなければならないのです。

トレード回数が多いことは別に悪いことではないのです。

しかしそれは短期トレードで勝てている人のみという条件が付きます。

一般の、普通の、負けている人達は
トレードすればするほど資金が減っていく
という理由のひとつに、スプレッドのコストを甘く見ている人が多いです。

勝ちたいんだ!
資金を増やしたいんだ!
トレードをしなければ資金は増えないんだ!

と、やみくもにエントリーしまくっていてもスプレッドが高くつくだけですよ。

トレード回数を減らしたら、パフォーマンスが上がった
なんて話はザラにあります。

 

コメントを残す