トレンドのエントリーポイント 勝てない人にオススメな方法


トレンドのエントリーポイントを探る時

多くの人は押し目を買おうとします。

それはそれで間違っていないのですが、それで勝てていますか?

利益を上げられないトレーダーが、押し目を狙って買おうとすると
長い目で見れば資金が減り続ける可能性が高いです。

それはなぜなのでしょうか。

トレンドのエントリーポイント

トレンドのエネルギーを味方につけるエントリーポイントは
大きく分けて2種類あります。

  1. 押し目 or 戻りでエントリー
  2. 高値 or 安値を超えたらエントリー

押し目 or 戻りでエントリー

トレードを始めた人が、まずやろうとするのがこれです。

別に間違ってはいないのです。

レートが上がっていくのなら、押し目を待ってできるだけ安く買いたい。
一部参加者が利食いをして、レートが下がったその押し目を買う。

勝ち組トレーダーもやっている手法です。

では勝てない人がこれをやると、なぜ資金が減り続けるのか?

それは

何をもって押し目とするのかの定義がないからです。

レートが上がっていって、30%戻しの反発で押し目と認識するのか。
50%戻しの反発で押し目と認識するのか。

その定義がないから負け続けるのです。

別に30%だろうが50%だろうがどっちを狙ったっていいんです。

大事なのは、自分の中で何を押し目と定義するのか

それを決めてるか、決めていないのかで収支が大きく変わってきます。

例えば、押し目を狙うエントリーの失敗パターンで
勝てない人が良くやるのが

押し目を買い続けることです。

チャートを見てみましょう。

チャートが上に跳ねた時に押し目を狙う。

上の画像の例で、押し目と言えるところに黒〇表示してみました。

狙いとしては全然アリだとは思うのですが
勝てない人は黒〇部分の押し目を全部買います。

押し目の定義を決めていないため
黒〇を買っては損切を繰り返します。

そして、『なんだよ、下げトレンドかよ』と言って
本来の狙いとは違う、戻り売りを狙い始め
赤〇部分で売りを入れ始めます。

押し目や戻りは、定義付けをキチンとしている人には有効ですが
勝てない人がやると、無意味なエントリーを繰り返し
メンタルがボロボロになる可能性が非常に高いです。

まずは押し目の定義付けをすること。
※定義はなんでもいいです。

押し目を狙うメリット、デメリット
  • メリット
    損切までのポイントが浅いので、うまくいった場合利益が大きくなる
    トレンドの押しを買うので有利な価格で買える
  • デメリット
    勝てない人がやると、損切貧乏になりやすい
    損切連発の結果、メンタルが崩壊しやすい
    押し目を作らない強いトレンドがでたとき、なにもできない

 

そして勝てない人にオススメなのがもうひとつの方法

高値 or 安値を超えたらエントリー

このブログでも何度もお伝えしていますが
ダウ理論に従い、トレンドが確定してからエントリーする方法です。
※ダウ理論はこちら
ダウ理論をトレードで生かす 市場の原理原則

アップトレンドの場合、直近の高値を更新したらエントリーする
方法です。

このエントリーの有効性は、無駄な損切を減らす。

上の画像は、たまたまうまくいっているパターンですが
トレンドが確定してからエントリーするので、その後の利益も伸びやすいです。

しかし、アップトレンドで直近高値を更新してエントリーした場合。

損切は直近安値の下付近にセットするのですが
高値を更新してからエントリーしているため
損切までの幅が広いです。

枚数も少なめになるため、トレンドが伸びても利益率は低いです。

高値 or 安値を更新してからエントリーするメリット、デメリット
  • メリット
    トレンドが確定してからエントリーするので利益が伸びやすく
    無駄な損切にかかる確率が少なくなる。
    押し目を作らない強いトレンドがでたとき、初動でトレンドに乗れている。
  • デメリット
    損切までの幅が広くなるので、エントリー枚数が少なくなる。
    結果、うまくいった場合の利益率が低くなる。
  • しかし、初心者や勝てない人に理解してほしいのは

    儲けることより、資金を守るほうに専念してください。

    価格を更新し、トレンドが確定してからエントリーする方法は

    利益率が少ない分、無駄な損切にかかりません。

    相場に慣れないうちは、価格更新後のトレンドが確定してから
    エントリーする方法をオススメします。

     

    コメントを残す