システムトレードと自動売買の違い

勘違いしている人が多いので、一応解説しておきます。
 
 
システムトレードとは
あらかじめ決めておいたルールに従って、機械的に手動でトレードする方法
 
自動売買とは
システムトレードの売買を自動化したものになります。
 
国内FX業者の一部ではシステムトレードで楽に自動売買!
 
みたいなフレーズがあるので、勘違いしている人が多いのも仕方がないのですが基本は別物。
手動か自動かの違いです。
 
手動か自動かの違いなら自動のほうがいいに決まってるじゃん!
 
と思うのが普通なのですが、まぁ見かたによってはそんなことないんですね
 
というのも
 
自分のルールを構築し、手動で売買していくと
自動売買に比べて圧倒的に相場への経験値がたまりやすいです。
 
いいかえればトレーダーとしてレベルアップしやすいです。
 
 
 
また、一般的な自動売買は
どういうロジックで売買されているのかわからないものが多いです。
※具体的なエントリーとエグジットが不明
 
 
 
利益をあげれてるときはいいが、いざパフォーマンスが悪くなった時にいつ自動売買をやめていいかわからない、ということが考えられます。
※エントリーとエグジットのトリガーが明確で、どのような相場のときに利益を上げやすいのか、をトレーダー自身が理解しているなら自動売買するのはアリです。
 
 
 
また自動で売買するということは、システムエラーなどでEAが予期しないトレードを自動でしてしまうことや、○○ショック時や歴史に残る大暴落時など、トレードしないほうがいい環境でもEAは良くも悪くも自動でトレードし続けます。
 
 
自動売買でトレードしていくというのはトレーダーとしての最終地点だと思います。
 
自分でルール構築し、システムトレードで相場から利益を上げる方法を学び、勝つのが当たり前になったときに、もっと楽して相場から利益をあげたいと考える人が自分のルールをEAに落とし込み自動売買するというのが自動売買トレーダーの最終地点です。
 
自分で構築したルールを自動売買に落とし込んでいるので、どういうロジックで自動売買されているのかわかります。
 
よってパフォーマンスが悪くなったときにどうすればいいのかもわかります。
 
システムエラーが起きる可能性を考え、予期しない損失を食らったとしても、そのリスクヘッジとなるルールを自分で構築して自動売買していればいいのです。
 
これらができるレベルなら、むしろ自動売買のほうがいいのですが、一般的なトレーダーははっきりいって自動売買していいレベルに到達している人は少ないと思います。
 
 
FX業者では
 
選ぶだけ!
寝ている間も!
楽に!
 
みたいなフレーズで自動売買へと導きますが、10年スパンの長い目でみれば結局資金が増えていない、むしろ減っているというのがオチです。
 
 
自動売買を否定しているのではなく、ものには順序というものがあります。
 
自動売買で利益を上げ続けたい!と思うのなら
面倒かもしれませんが、まずは手動のシステムトレードで相場への経験値を貯めてトレーダーとしてレベルアップし、利益を上げ続けられるようになったときに自動売買に取り組むことをおススメします。
 
急がば回れ、です。
 
 


コメントを残す