資金管理術 損切額の明確な決め方

今回は損切額の明確な決め方をご紹介します。

バックテストにて、テストした手法の各数値が出そろったところで
最終的な損切額を決めるうえで重要な数値があります。

それは

最大ドローダウンという数値です。

最大ドローダウンとは

最も口座資金が増えた局面から、最も口座資金が減った点の最大下落額(金額)

のことになります。
※似たような数値で相対ドローダウンというのがありますが、少し性質が違うものなので
こちらで解説しております。
バックテスト・過去検証のやり方とその意味

 

勘違いしやすいのが、A~Bが最大ドローダウンではありません。

Bで一度反発しているので、A~Bが最大ドローダウンだと思いがちですが
その後再度資金が減り、Cの起点を作っていますので
口座資金がピークのAからC最大ドローダウンとなります。

仮にBの反発がそのまま上がり、Aのラインの元の口座資金まで戻っていたら
A~Bが最大ドローダウンとなります。

 

そして、この最大ドローダウンですが

必ず%パーセントで理解してください。

どういうことかというと

① 200万 → 100万 → 350万
  の最大ドローダウンは ー100万 口座資金は一時 ー50%です。

  しかし

② 500万 → 350万 → 600万
  の最大ドローダウンは ー150万 口座資金は一時 ー30%です。

金額ベースで見ると②のほうがマイナス150万と多いですが
口座資金の減り方は①のほうが大きいです。

それもそのはず、リスクというのは
こちらでも少し触れていますが
トレーダーとしてのスタートライン  成長の順序とは?

口座資金に対して何%のリスクをとっていくのか?

というものだからです。

一番わかりやすいのが、口座資金100万円で、単利でバックテストする方法です。

仮に損切5000円で1年バックテストし
でた最大ドローダウンが25万円なら、そのルールは口座資金に対して
年間マイナスー25%のパフォーマンスをだすことがある。
ということになります。

他の数値も納得し、フォワードテストもかねて実践投入になったら
100万円で5000円の損切だったということは

口座資金700万の人は単純にその7倍

5000 × 7 =35000円

の損切設定にすればいいのです。

最大ドローダウンから損切額の調整

バックテストした手法の数値が

   最大ドローダウン:40%
プロフィットファクター:2
※プロフィットファクターとは 
総利益 ÷ 総損失で1以上の数値であれば、利益がでている手法となります。

の数値だったとします。

プロフィットファクターが2なので、ルール的には利益がでている手法ですが
最大ドローダウンが、口座資金に対して40%もあります。
あくまでも過去の相場において、40%だったということですが
未来の相場においては、それ以上の数値が出る可能性があります。

ですので、最大ドローダウンは30%以内に収めたほうがいいです。

理想は20%以内です。

上記の手法は、最大ドローダウンをもう少し下げる必要があります。

そのためには、一回あたりの損切額を少なくする必要があります。

損切額を少なくするという事は、枚数を減らすということですから
リスクに対してのリターンが減り、利益も減ります。

しかしそれでいいのです。

トレードでは増やすことよりも、資金を守ることのほうに専念したほうが
長期的に見て口座資金は増えている傾向が強いです。

 

コメントを残す