成功したトレーダーは一度は経験している、利益が爆発的に増える環境。

少ない資金からトレードを開始し、やがて大きな金額まで増やすことができたトレーダーは利益が爆発的に増えた経験を持つ人がほとんどです。

普段はチマチマと少しづつ資金を増やしていて、ある時に一気に資金が5倍~10倍と・・・

ネットなどでよく見られる「1年で100万が1億になりましたとかそういうマグレな話ではありません。

利益が爆発的に増えるべくして増えることを言っているのです。

 

じゃあそういう相場環境はどういうときなのか?

 

お伝えしていこうと思いますが、その前に。

 

未熟なトレーダーが楽して資金を倍増させられるような話ではありません。

 

ある程度の経験を持ったトレーダーが資金を倍増させられるようなキッカケになればと思い、書いている記事です。

 

自分の見立てが相場にハマる時

100人トレーダーがいれば100通りの相場の見方があります。

そして当然、1人1人得意な相場環境というのも違ってきます。

ある程度トレードをやっていると、自分の見立てが面白いように相場にハマるときがでてきます。

ほとんどの人はこういうときに調子に乗って、その後に訪れる不調時に資金を吹き飛ばしてしまうので絶対に調子に乗ってはいけないのですが、この自分の見立てがうまく相場にハマる時というのを、どういう相場環境のときなのかを自分の中で理解していれば、後にその環境が来た時にトレードのアクセルを踏むことによって一気に資金が増えていきます。

トレードのアクセルを踏む = いつもよりリスクを多くとる

未熟なトレーダーが楽して資金を増やせるような話ではないことがわかると思います。

 

自分の見立てがうまくハマる相場がわかってくるのは、どんなに早くても3年、一般的には5年はトレードしないとわかりません。

そして、自分の見立てがうまくハマる相場環境がどんなときかわかったときには
躊躇せずトレードのアクセルを踏む。

成功しているトレーダーは、気まぐれではなく狙ってアクセルを踏みに行きます。

 

枚数をいつもより多めでトレードしたり。
トレンドを追いかけ買い増し、売り増しをしたり。

 

いずれにせよ、自分の思い描くパターンが相場でうまくハマるときは、いつもより多めのリスクをとることによって資金は加速度的に増えます。

 

トレンドフォローで利益が爆発

あくまで私の場合ですが、私の得意とするアクセルの踏み方はトレンド相場での増し玉です。

要はトレンド方向に沿って買い増し、売り増しをします。

俗にいうピラミッティングというやつですね。

※実際にピラミッティングをしたトレードはこちらで紹介しています。

常勝トレーダーのその先へ、トレードのパフォーマンスを上げる方法

2018.01.21

 

ただ、これはあくまで私が得意とする相場環境です。

レンジ相場が得意とする人もいるでしょうし、ボラティリティの高い相場でデイトレードなどの短期売買が得意とする人もいると思います。

 

増し玉はトレンドがでないと有効なアクセルの踏み方にはならないので、そういった方は得意な相場がきたら、いつもより枚数を多めでトレードするほうがいいでしょう。

 

ただ得意な相場環境だからと、やたらめったにアクセルを踏むと資金があっという間に減ってしまいます。

この辺のさじ加減はトレーダーの腕の見せ所なのですが、得意な相場環境の中で更に自分の思い描いているパターンにハマったときに限定すれば、そうそうアクセルを踏む機会は無いと思います。

機会が少ないゆえに、実際にそれが来た時には躊躇せずにアクセルを踏まなければいけませんけどね。

 

最後に

成功したいのであれば、いつかはやらなければいけないことだと思います。

もちろん100%成功することはありえません。

リスクを多く取りに行った結果、いつもより多くの損失をだしてしまったなんてこともザラにあります。

しかし、自分の得意な相場でそれを繰り返していけば、いつか必ず特大ホームランの利益がでます。

自分の得意な相場を理解し、トレードのアクセルの踏み方がわかってくると、より一層トレードが楽しくなってきます。

コメントを残す