話題のcis本の感想、トップトレーダーから学べるマインドの大切さ

日本でトレードをしている人なら知らない人はいない。

cisという、資産200億円オーバーの超トップトレーダーがいる。

そんな彼が、この度本を出したというのでさっそく買って読んでみた。

 

読んだ結論を言うのであれば

トレーダーならば絶対呼んだほうがいい1冊だと感じた。

 

ネタバレになるので詳しいことは書かないでおこうと思うが、読んだ感想をざっくり書いていきたいと思う。

 

Amazonレビューで低評価をしている人たち

色々と踏まえた上で敢えて低評価をしている人もいるとは思いますが、低評価をしているほとんどの人たちは具体的な手法が書いてないトレードの技術的なことが書いてないなどの批判が多い。

 

要はトレードのノウハウが書いていないので低評価、といったところだ。

 

こういう理由で低評価をしている人達は残念ながら相場で利益を上げ続けることはできない。

cis本の中にも書いてあるが、マーケットのことはマーケットから学ぶしかないのだ。

 

FXだろうが株だろうが債権だろうが商品だろうが、個々のマーケットから自分なりに合うスタンスで学ばなければ絶対に相場で勝ち続けることはできない。

小手先の技術を人から聞いたところで絶対に勝ち続けることはできないのだ。

 

それにcis本のサブタイトルには230億円稼いだ勝つ思考、と書いてある。

勝つ技術とは書いていない。

そもそもcis氏の思考が書いてある本なのだ。

 

トップトレーダーになった人も最初は負け組トレーダー

一般的な感覚からすると、トップトレーダーというとすごく上手にトレードしていて損失などあまりしないでトントン拍子に資産を築いていっている人。

こういうイメージがあるのかもしれない。

トレードを始めたときは皆そういう風に思うんじゃないだろうか?

自分も初期のころはそういう風に思っていた。

 

しかし、トレーダーのバイブルといってもいい本
マーケットの魔術師』を読んでその考えは変わった。

トップトレーダーになれた人たちは皆、勝てない時期があり、人によっては何度も口座を吹っ飛ばしていた。

その失敗から学びを得てトップトレーダーへとなっていったのである。

 

cis本を読んでいると、最初のころはまったく勝てなかったなどの記述がでてくる。

一番安心したのはまさにこの部分。

「あぁ、やっぱりcisさんも最初は負け続けていたんだな」と。

その後は天性の勝負センスで加速度的に資産を増やしていったみたいだが、やはり最初のころは負けていたのである。

 

トレードで勝てないと嘆いている人。

それは資産230億円のcis氏ですら通った道なのだ。

 

みんなが通る道なのです。

 

トップトレーダーのマインドを学べる貴重な1冊

冒頭のAmazonレビューの件では、トレードの技術的なことが書いていないような評価があると言ったが、個人的には十分に書いてあると思う。

ただ、それはcis氏の価値観やスタンスの上での話で、一般の人がマネるにはムリがあるものもある。

しかし普通のトレーダーでも参考になる部分は多々あるし、個人的にはそれがすべてだと思っている部分もある。

 

上がっているものを買い、下がっているものを売る。

 

基本に忠実な順張りの考え方だ。

 

ただ、個人的に思うのはこれにはひとつ条件がある。

ボラティリティの高いマーケットでなければ損切貧乏に合う、ということ。

 

cis氏のメイントレードマーケットは株式市場だ。

そんな株式市場はFXの為替市場と比べると格段にボラティリティが高いマーケットだ。

ドル円なんかは一日に2~3%も動くとトレーダー達は慌てふためくが、株価指数で2~3%の値動きなど至って普通の値動きだ。

ましてや個別銘柄などは10%の値動きすら銘柄によっては普通になってくる。

そういうボラティリティが高いマーケットでは王道の順張り思考が生きやすい。

 

本書を読んで、鼻息フンフンでドル円などで順張りしても、同じような結果は得にくいのでFXトレーダー達は注意したほうがいいのかもしれない。

 

ただ、繰り返しになるがcis本はトレーダーなら読んでおいて損はない一冊だと思う。

小手先の技術なんかじゃなく、トップトレーダーのマインドが知れる本というのは個人的には非常に勉強になる。

 

 

FXトレード歴2~5年で勝てないと悩む人へ

 

 

コメントを残す